ニキビ跡治療は難しい

できてしまったニキビ跡にお悩みの方は多いようです。
ニキビがあった部分が赤くなったり、茶色いシミのように色素沈着したり、はたまた月面のクレーターのように凸凹した肌になったりなど、ニキビ跡と言ってもその種類は様々です。ニキビ跡治療は困難です。



特にクレーター化したニキビ跡は自然に治ることはないのです。

どうしても治したいというならクリニックでニキビ跡治療をするのがいいでしょう。

皮膚科で行われるできてしまったニキビ治療は健康保険が使えますが、ニキビ跡治療は通常保険がききません。
そのため治療費は高額になることは覚悟しておきましょう。



また、治療をしてもニキビができる前のきれいな素肌に戻れるとは言い切れないことも理解しておきましょう。

というのは角質層でとどまるような浅い傷であれば、ターンオーバーできれいになりますが、真皮層や皮下組織まで及ぶような深い傷はターンオーバーでもきれいには修復されないからです。
肌の奥も新陳代謝していますが、年単位なので、深い傷はなかなか治らないのです。

肌の奥まで損傷するような深い傷跡を治すには、肌の奥の新陳代謝を活性化することになります。
ただ、一旦へこんでしまった肌を元の状態に戻すには相当な時間がかかるので、その部分を再び損傷させてコラーゲン繊維の生成を活性化させる方法がとられます。

BIGLOBEニュースに対する不安感を取り除くための安心情報満載です。

一旦肌を傷付けることになるため、適切に治療をしないとさらに傷跡がひどくなる可能性も否定できません。

このようにニキビ跡の治療、特にクレーター状にはリスクを伴うのです。