にきびの予防について

にきびは思春期頃からでき始め、多くの人が悩まされるお肌のトラブルです。


ホルモンバランスの乱れが原因になることもあれば、日頃の食生活や誤った洗顔方法が原因でできてしまうこともあります。



発生を防ぐためには、スキンケアだけではなく日頃から規則正しい生活を心がけることが重要となります。まず、にきびを予防するためには肌を健康に保つようにしましょう。

そのためにはビタミンBやCの摂取が効果的です。
ビタミンBは代謝を促進し、肌の潤いを保つ働きがあります。ビタミンCは、コラーゲンの生成に欠かせない成分であると共に過剰な皮脂の分泌を抑えてくれる効果があります。

NAVERまとめのことなら、こちらをご参考にしてください。

また、炎症の抑制効果もあるため、にきびの予防や治療にはかなり期待ができる成分です。

日常の食事だけで補うことが難しい場合は、摂取量を守ってサプリメントで摂取すると良いでしょう。


次に、肌を健康に保つ上で必要となるのが、洗顔方法の見直しです。

にきびの原因が過剰な皮脂の分泌であることから、過度な洗顔を行うことは逆に肌の状態を悪化させてしまいます。



肌から必要以上の皮脂が洗い流されてしまうことで、乾燥を防ぐために肌は更に皮脂を分泌しようとします。

結果、原因となる皮脂の分泌を促してしまうことになります。

洗顔は必要最低限、肌を優しく包み込むようにそっと行いましょう。


また、ストレスを溜めすぎることも肌に負担をかける原因となります。適度なリフレッシュを行いましょう。

このように日々の生活を見直すことで、にきびは予防することができます。