にきびの予防について

肌の悩みで多いのが、にきびです。

思春期の場合、成長ホルモンの影響によって、皮脂の分泌が活発になります。

そして、皮脂が毛穴に詰まることでにきびが発生します。

最近は、大人になってからできる大人ニキビに悩まされている人も多いです。大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れやストレス、乾燥などが原因となって発生します。



ストレスによって交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、男性ホルモンの分泌が多くなります。

すると、皮脂の分泌が過剰となってしまい、にきびができやすい状態になるのです。
大人ニキビの予防の基本は、洗顔です。大人になると、肌が乾燥している人が多いです。メイクや肌の汚れを取るために、洗浄力が強いクレンジングや洗顔料を使うと、皮脂を取り過ぎてしまいます。

皮脂を取りすぎると、皮脂が過剰に分泌され、大人ニキビの原因になります。

ですから、肌に優しい保湿成分の入った洗顔料などを使って、丁寧な洗顔を行うことが大事です。



にきび予防では、すすぎも大切です。
洗い残しがあると、肌の炎症が起きることがあります。

最先端のlivedoorニュースに今、注目が集まっています。

洗い残しがないように洗顔したら、しっかりと保湿をして肌を乾燥させないようにします。
食生活は、肌と深い関係があります。


にきびを予防するためには、食事の見直しも必要です。


食事を変えたことでニキビが改善された人は多いです。栄養バランスを考えて、ミネラルやビタミンが多く含まれている野菜をたっぷり取ることが大事です。