にきびを予防する方法

肌トラブルの中でもたいへん身近なものににきびがあります。

一般に思春期の時期にできるにきびと、大人になってからできるものには違いがあります。



その原因も異なるため、効果的な予防のためにはまず原因をはっきり知って対処するようにしましょう。

大人になってからできるにきびの主な原因は、男性ホルモンの分泌が活発になることにあります。また肌の免疫力の低下やターンオーバーの乱れなどが原因となることがあります。

このようなにきびを効果的に予防するためにはいったいどうしたらよいのでしょうか。



まず、予防に欠かせない大事なポイントは、皮脂が過剰に分泌することがないようにすることと、毛穴の詰まりを解消することにあります。そのために注意したいのは、クレンジングの際にオイルの少ないものを使うようにするという点です。
オイルクレンジングなどを使って、油分を肌につけてしまうと、皮脂の分泌が高い部分をさらに悪化させてしまうことになるからです。
またにきびの予防には、過度の洗顔を避けることも含まれます。

NAVERまとめは人気のテーマです。

洗顔のし過ぎや強すぎる洗顔料で洗うならば、肌の乾燥を招いてしまいます。

その結果、角質が硬くなり、毛穴が詰まりやすい状態になってしまいます。
そのため、効果的に予防したいと思うのであれば、適切な洗顔を行なうとともに、洗顔後の保湿に十分注意することができます。保湿成分を豊富に含む美容液などで保湿することによって、毛穴が詰まりにくくなるでしょう。